100年後の歯医者

100年後の未来の歯医者は一体どうなってるんでしょう。人と歯の関係から考えてみたいと思います。人は100年後も歯を同じように使うでしょうが、その過程において、噛むなどの動作については、現状とことなっているかもしれません。それは食生活そのものに変化がもたらせるからでしょう。現状のとは全く異なる食生活を行っているとすれば当然 歯についても変化が考えられます。食事自体がサプリメントのようなもので完結されていれば、日常において噛むということはなくなるでしょうそうすれば、虫歯もなくなり、もっとちがった事が起こるかもしれないからです。それは、人類において、歯医者とは無縁の生活を実現していることだって考えられるというえるでしょう。そもそも、歯は、噛むためやしゃべるためには必要でありますが、噛むこともしゃべることもなくなれば歯を必要とすることは無くなってしまうからです。人類はずっと歯とともに、歴史を気づいてきたと言っても過言であはありません。歯を大切にすることは 人生をより楽しく大華させることだってできるからなのです。人にとって歯大切ですが、必要とされなくなってしまえば、歯は、ただの飾りに過ぎません。眉毛と同じようなことになってしまい。行く末には歯もファッションの一部となることだって考えられますね。